生徒向けweb問題集システムの開発
希望価格 : 相談します。
kitayama
見積り有効期限
2022-01-18
完了予定
相談して決める
現在の状況
未設定
開発の範囲
未設定
依頼の目的・背景
オンライン学習塾代表の瀧と申します。
今回、塾生徒がweb上で問題集を解くシステムの開発を検討しています。
私自身はエンジニアではないため要件定義が曖昧な部分があるかもしれませんが、
できる限り実現したい内容を記載致します。

【概要】
・PC(OS:windows・chrome)で使用するwebシステム。
・問題表示⇒選択肢表示⇒正誤判定・解説表示、の繰り返しを行う問題集システム。
【システム】
・生徒・管理ログイン。メールアドレス・パスワード認証。
※ユーザー権限は3種、①管理、②講師、③生徒。管理は以下の管理側メニュー①~③を表示。講師は管理側メニュー③を表示。生徒は生徒側メニューを表示。
・管理側メニュー:①問題登録・編集、②ユーザー管理、③ユーザー履歴表示
①問題登録・編集:問題管理情報(学年・科目・単元・問題番号)・問題(text・画像)・選択肢(記号式・記述式)・解説(text・画像)・コース作成(問題を格納)・編集(問題編集・削除)
②ユーザー新規登録:生徒(メールアドレス・名前・学年・学校を登録し、メールアドレスに認証を送る)・編集・削除、講師(メールアドレス・名前)・編集・削除
③ユーザーのコースごと・問題ごとの正誤結果を表示。コースごとに3回まで表示。4回以上は古い履歴を削除し上書き。復習は記録しない。
・生徒側メニュー:①問題演習・②復習
①コース選択⇒問題表示⇒解答(選択肢を選ぶ・記述を入力)⇒正誤判定(記述はいくつか登録した解答のいずれかと完全一致で正解)・解説表示⇒誤りの場合問題に復習フラグを立て、「次へ」のボタン表示・正解の場合「復習に追加」「次へ」のボタン表示(復習に追加の場合復習フラグを立てる)
②コース選択⇒復習フラグのある問題を表示⇒解答⇒正誤判定・解説表示⇒誤りの場合復習フラグはそのままで「次へ」のボタン表示、正解の場合「復習のままにする」「次へ」のボタン表示(復習のままにする場合復習フラグ維持、次へいく場合復習フラグ解除)

【デザイン】
対象が中学生のため、明るい・曲線ベースのデザインイメージとなります。

【近いシステムの参考】
帝国書院 | 学習者用デジタル教材+学習支援オンラインサービスmanable(マナブル) (teikokushoin.co.jp)https://www.teikokushoin.co.jp/manable/jh/student/
機能
【ご提案・契約について】 ・どのような形で上記が実現できるか、見積もりも含めてご提案ください。 ・優先はスクラッチ< CMSなどツールの使用、と考えています。 ・納期・金額については応相談となります。
OS
言語
継続性
参考
参考URL
添付ファイル
この案件に応募しているスペシャリスト